室内をキレイに装飾

部屋

得られるメリットとは

インテリアはそれなりの歴史を持ち、現在ではスタイルも確立されて来ています。当初は建築家がこの分野を担当していましたが、商品や建築材料が複雑多様化するに従って、あるいは施工時期のズレなどによって少しずつ専門家されて行きました。資格制度も確立しこれらは室内インテリア関係のプランについてはプランナー、商品知識についてはコーディネーター、装飾と空間構成、家具や照明器具まで手掛ける場合にはデザイナーという風に大まかに細分化されて来ています。これらが専門化することで、好みのスタイルを選んだりある一定の法則に従ってそれに必要な材料や製品、色彩等を選ぶことができて調和のとれた室内装飾を行えるようになりました。

特徴は

インテリアは住宅についての室内内装を意味するとされています。これには室内の床や壁、天井材等の仕上げ材や家具、調度品、照明器具や幅木、廻縁、カーテンやカーペット、カーテンレールやブラインドなどが関係して来ます。和室の場合には畳や障子、ふすま、欄間なども関係して来ます。その部屋の用途に相応しい使われ方をするのに、スタイルに統一感があって調和がとれていると好ましいものになります。特に装飾部分は格調を保つ要素ともなりこれによって価値を持つものに仕上げることが出来ます。歴史を辿ると古代エジプトにおいては上流階級におけるその権力誇示の為に用いられたとされています。中世になると一般庶民の間にも広がりましたがまだ装飾性は見られないものでした。その後建築家が係るに従ってこの文化が広まって行きました。そして産業革命によって大量生産が行われるようになりインテリアにも工業化という特徴が見られるようになりました。